<--!リンク--> 原稿料の相場・・|あんなこと、そんなこと、どうでもいいこと・・・

あんなこと、そんなこと、どうでもいいこと・・・

;気まぐれに書いてます^^
あんなこと、そんなこと、どうでもいいこと・・・ TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  原稿料の相場・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

原稿料の相場・・

相場的には1000文字~2000文字の間で5000円

今まで何人か、ブログを書いている方で原稿を依頼されて書いている人にお会いしましたし、僕自身も書いているのですが相場的には1000文字以上2000文字までで5000円というのが相場のように思いました。

これは特に取材とか特化した専門性の高いテーマが無い場合です。

5000円前後の場合に僕が必要とする時間は2~3時間くらい。時給に換算すると2000円くらいです。
特化したテーマの場合は2万円くらいのことも

僕はウェブマーケティングやウェブ解析のことを書いていますが、こういう特化したテーマだと1記事1500文字くらいで2万円ほどということもありました。

ある程度専門性が高い特化したテーマであればこれぐらいは出るところが多いように思います。ただし1万円未満ということもあるという話は聞いたことがあります。

でも2万円クラスの原稿料だと書き直しの2~3回は当たり前のように思いました。

ちなみにこの2万円の記事を書いた時にかかった合計時間は約10時間。時給にして2000円ほど。
一番安いもので500文字以上1000円

一番低いもので500文字で1000円。でも500文字で1000円だと1時間で頑張れば3記事、普通に2記事は書けます。

なので時給換算すれば2000円くらいになりました。
時給換算で考えるかメリットで考えるか

もし記事執筆の依頼が来た時、最初はメリットで考える方が良いと思います。

自分の名前を出せるというメリットが出来ること、その記事を見た別の会社からの依頼も受けられる可能性が高くなるというメリット、ブロガーとして名前が売れるメリット等、いろいろなものが出てきます。

最初はお金ではなくメリットで行うのが良いと思いました。

ただ、ある程度経験を積んで何社かで原稿を書いた場合、いくらぐらいなら自分にとって割に合うか?ということが解ってくると思います。

結果、僕の場合は時給換算にして2000円くらいになるのならやろうかな?と判断するようになりました。本当は時給にして3000円くらいは欲しいのですが、名前を売れるチャンスもあると考えれば2000円くらいで良いのかな~と思います。
アフィリエイターになると考え方が変わる?

ただ、アフィリエイターとして考えた場合、時給2000円くらいは当たり前の世界。1日4時間書いたら8000円くらいになることも普通にあります。

実際にこのブログでいくらくらいの時給になっているか計算したところ、毎日1時間として稼働25日として25時間、月に5万円近くにはなっているので時給にすると2000円くらい(最近、30分くらいで書いていることが多いので)。

でもこれは徐々に伸びていきます。ブログを始めた頃なら時給換算したら10円とか20円とか・・・・

徐々に伸びていくので1年後には時給換算すれば3000円くらいにはなっているでしょう。

恐らくもっと効率よく稼いでいる方もいると思います。他のブログなら時給換算3000円を超えているものもあります。

そのブログは1年後には時給換算5000円にはなっていれば良いな~と。

ライターが良いのかアフィリエイターが良いのか?


ライターが良いのかアフィリエイターが良いのか?それは人によって違いますよね。

またブログをしている人の中にはライターでもアフィリエイターでもなく有名になりたい!という方もいます。ブログで名前を売って他の仕事をするということ。

僕の場合、ライターとしての仕事は今後はよほど自分にとってメリットがあるものでなければ受ける気は無いのですが、その理由は原稿料よりも自分のブログやサイトで記事を書いた方がお金になるからというものです。

もっともアフィリエイターになるとある程度はアクセス解析とSEOの知識は必要になってくるし、まったく理解していないと時給2000円を超えてくるのは難しいと思います。
安売りはしないように

ただライターとしての仕事が来た場合、安売りはしない方が良いでしょう。

無名のサイトで将来性も解からないサイトなら時給で1000円未満にしかならないと思ったら、引き受けないのが良いのでは?

ウェブ系のライターの報酬は年々下がっていると言われていますし、実際にクラウドソーシングでは1000文字500円未満なんてざらにあります。むしろ1000文字500円なら割が良い状態に。

自分の名前を出すのが嫌で文章を書ければ良い・・・というのなら良いとは思うのですが、ブログをしていて有名になりたい、アクセスがもっと欲しい、お金が欲しい!というのであれば自分を安売りすることはしないことが最終的には良い結果に結びつくと思います。

以上、参考にならないライターの原稿料の相場についてでした。




( °◡°)


スポンサーサイト
[ 2015年06月16日 06:17 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

awantan

Author:awantan
なんだか良く解りませんが、
ポチポチ頑張ります。;^^

メインは、こちらの方です。

ワンタンのアメブロ

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。