<--!リンク--> 他人に何かを要望する時に・・|あんなこと、そんなこと、どうでもいいこと・・・

あんなこと、そんなこと、どうでもいいこと・・・

;気まぐれに書いてます^^
あんなこと、そんなこと、どうでもいいこと・・・ TOP  >  ブログ >  他人に何かを要望する時に・・

他人に何かを要望する時に・・



McNugget-Enhanced Cheeseburger - 無料写真検索fotoq
photo by Adam Kuban

「サンドイッチ法」

文字通り、はさむのです。
何をはさむかと言うと、相手に対して、言いにくいことです。

相手に対して、言いにくいこと、
相手に対する、注文、批判、改善してほしいこと、…
など、普通に言うと、波風たってしまいそうなことを
伝えるときに、使います。

メイン、つまり、サンドイッチの具にあたるのが、
注文、批判、改善してほしいこと、…です。
では、パンの部分は、何でしょうか。

パンの部分は、相手への褒め言葉です。
褒め言葉で、具をはさむのです。

こういう順番で、言ってみるのです。

パン:「相手への褒め言葉」
具 :「相手への注文、批判、改善してほしいこと」
パン:「相手への褒め言葉」

面倒くさいようですが、これは、効きます。

効くのには、理由があります。

相手への批判だけが頭にある間は、
どうしても表情が硬くなってしまいます。
大切な対決前から、自分の顔が攻撃モードになります。

攻撃されることは、誰にとっても嫌なものです。
相手は、こちら側の攻撃を察知して、
先に、攻撃をしかけてくることだってあります。
それでは、せっかく言おうと決意したことも、
言えなくなってしまいます。

サンドイッチ法では、初めに「褒め言葉」が来るので、
相手は、嬉しくなって、少なからずとも余裕ができます。
その余裕の部分に、注文、批判、改善点を
できれば、やんわりと伝えるのです。

やんわりと…、って、どんな感じでしょう。
相手への命令にならないように、するのです。
自分の思いとして、伝えます。
相手の行動の決定権は、相手にあることも重視します。

実際の言葉にすると、こんな感じでしょうか。

「~してほしいな、と思うんですけど、どうでしょう」
「~で困っています。…となることは、可能でしょうか」

伝えた後、相手の心にはどうしても波紋が起こります。
波紋が、感情の嵐になってしてしまうと、
こちら側が工夫して伝えたことも、相手の頭に残りません。

それを鎮めるために、「褒め言葉」を言うのです。
すると、相手は冷静になるので、
こちら側が伝えた、注文、批判、改善点を
覚えていてくれる確率が高くなります。

Steve Jobs and Bill Gates - 無料写真検索fotoq
photo by Joi


注意すべきは、パンは「褒め言葉」であることです。
「お世辞」では、ありません。

お世辞は、自分の要求を相手に通すために、
思ってもいないことを言うことになります。
これでは、相手をコントロールしようとすることになります。
思ってもいないことを言うのは、こちらも疲れてしまいます。

1つの注文、批判、改善点を伝えるためには、
褒め言葉が2つ必要になるわけです。
お世辞にならないためにも、相手を観察しなくてはなりません。
不思議なもので、きちんと観察してみると、
憎らしいと思うだけだった相手にも、
褒めるに値することが、2つくらいは、見つかるものです。

そして、このような眼差しが、
自分と相手との関係を修復してくれる場合だって、あるのです。


社会的技術は、決して相手をコントロールすることではありません。
自分を偽ることでも、ありません。
誠実に、相手と向き合い、
お互いにとって最大の利益を得ようとするための方法です。



後日談 コメントに、「感謝の気持ちを伝える」というのがありました。
パンの部分を、「感謝」にする、わけですね。
それまでの関係性も考慮した、素晴らしい方法になりそうです。

※以上は、社会的技術 さんのサイトから、抜粋、引用させて頂きました。



他人に、何かを要望する時は、感謝または褒める言葉でサンドイッチにすると、いいんですね。


☆ブィブィ・・(o^-')b


スポンサーサイト
[ 2013年10月19日 00:47 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

awantan

Author:awantan
なんだか良く解りませんが、
ポチポチ頑張ります。;^^

メインは、こちらの方です。

ワンタンのアメブロ

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR